Mar 22, 2005

SourceForgeJPの歩き方(開発者向け)
本家 Nucleus CMS はSourceForge Netというオープンソースの開発者向けサイトの CVS というバージョン管理システムで、そのソースコードを管理してます。Nucleus 日本語版もSourceForge Net の日本語版サイトにプロジェクト登録をし、ソースの管理を始めたばかりです。自分なんかよりも以前から Nuclues のソースコードに親しんでこられた方も含めて、今後この CVS を利用していく予定です。が若干設定などで面倒な部分があるので、本エントリーにて、この CVS を利用するために必要と思われることをいくつか紹介させて頂きます。
CVSを利用する際に必要となるクライアントソフトは、コマンドラインからのものと、GUIを利用したものと2種類ある。やはりGUI版の方が何かと扱いやすいのでそれを利用することをお勧めする。WinCVSというソフトがそれなんだが、英語バージョンの場合、日本語ファイルをうまく扱えなかったりするそうなので、自分はWinCVSごった煮という日本語化されたものを使ってる。

さらにSourceForgeでは、開発者はCVSへssh経由でアクセスする必要があるので、sshの鍵が必要である。自分は普段Windowsマシンにcygwinを入れてあって、それに含まれているOpenSSHのssh-keygenで鍵を作った。OpenSSH単体でも手に入るので、それだけインストールするという手もある。

さてまずは鍵の作成。とその前に今後の作業場所を決めておく。自分の場合 E:\work\nucleus というのを作業場所にした。さらに鍵の置き場を .ssh というフォルダ(Windowsの場合なかなかドットから始まるフォルダは作るの面倒なので、単にsshというフォルダでもいいと思う。cygwinのシェルを使えば簡単なんだが...)にして、CVSのレポジトリからチェックアウトするところを cvs というフォルダにした。

ということで鍵を下記の手順で作成。
コマンドプロンプトを起動。
前述の通り、鍵を置くディレクトリに移動。
ssh-keygen -b 1024 -t rsa -C kimitake@cvs.sourceforge.jp -f id_rsa
と入力すると、パスフレーズの入力を要求されるので何か適当なものを入力。今後このパスフレーズは必要になるので忘れないように。ちなみに上記kimitakeのところは各自のアカウント名であることは言うまでもない。あとアットマークは2byte文字@で書いてあるけど、本当は1byte文字@。一応念のため。

これで秘密鍵 id_rsa と公開鍵 id_rsa.pub が作成できたので、早速公開鍵を SourceForge.jp に登録。
SourceForge.jp にアクセス。ログインして、左メニューのアカウント管理を選択。右画面の下の方、CVS/SSHで共有する公開鍵のところの、鍵の編集をクリック。
id_rsa.pubの中身をコピー&ペーストで、フォームに入力して登録。注意書きにある通り、最後に改行が入ってないことを良く確認した上で、登録。公開鍵が1つになってることを確認する。
この設定が反映されるまでしばらく時間がかかるので、その間に WinCVS の方の設定をする。

WinCVSごった煮版を起動。
メニューの「表示」-「フォルダブラウザ」-「表示位置の変更」を選択して、cvsレポジトリを展開する場所を選択。自分の場合 E:\work\nucleus\cvs。
次にメニューの「管理」-「設定」を選択。
WinCVSの設定画面が出てくるので、まずは CVSROOTのところに下記の様に入力。
:ext:kimitake@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/nucleus-jp
kimitakeのところはもちろん各自のアカウント名。
次に認証方法のところで、ssh経由で接続を選択。
その下の RSA鍵の位置、のチェックをオンにして、秘密鍵のパスを入力。自分の場合 E:\work\nucleus\.ssh\id_rsa。
ポート指定のタブを開いて、一番下、使用するrshを指定する、のチェックをオンにして、sshと入力。ssh.exe へのパスが通ってないならフルパスで指定(ってか悪いことは言わないからパス通しておきなさいって ^^;)。

ここまで出来たら、公開鍵の登録が反映されているか確認する。
コマンドプロンプトを起動
ssh -2 -i e:\work\nucleus\.ssh\id_rsa -l kimitake shell.sourceforge.jp
鍵作成時に設定したパスフレーズを入力して、ログインできることを確認する。もしログインできないならまだ反映されてないのかもしれないので、もうしばらく待つ。もしくは先程の公開鍵の登録で間違いがないか確認。
うまくログインできたら、とっととログアウトして、コマンドプロンプトを終了。

WinCVSに戻って、メニューの「作成」-「チェックアウト」を選択。
モジュール名にnucleus-jpと入力してOKボタンを押す。
するとコマンドプロンプトが後ろの方に起動してるので、そのウィンドウを探す。
Enter passphrase for key 'E:\work\nucleus\.ssh\id_rsa': って出てるはずなのでパスフレーズを入力。
うまくいけばレポジトリからソース一式が取得できる。

nucleus-jp では test用のディレクトリもあるので、同様にチェックアウトする。チェックアウト時に先程同様コマンドプロンプトが後ろに表示されているはずなので、探してパスフレーズを入力する。


どう?ちゃんとレポジトリからソース取得できました?
続きは別エントリーに書きます。

Related Info.

Comments

No comments yet

Add Comments

※下記の単語・フレーズはコメントで使用できません。大文字・小文字は同一視します。
poker, backgammon, tramadol, casino, insurance, loans
JavaScript is required when you submit comment %20%20%3c%61%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e%3c%2f%61%3e %3c%66%6f%72%6d%20%6d%65%74%68%6f%64%3d%22%70%6f%73%74%22%20%61%63%74%69%6f%6e%3d%22%23%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e %09%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%61%63%74%69%6f%6e%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%64%63%6f%6d%6d%65%6e%74%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%72%6c%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%68%74%74%70%3a%2f%2f%6b%69%6d%69%74%61%6b%65%62%6c%6f%67%2e%6e%65%74%2f%69%74%65%6d%2f%31%32%37%2f%63%61%74%69%64%2f%33%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%69%74%65%6d%69%64%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%32%37%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3eコメント%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%74%65%78%74%61%72%65%61%20%6e%61%6d%65%3d%22%62%6f%64%79%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%63%6f%6c%73%3d%22%34%30%22%20%72%6f%77%73%3d%22%31%30%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3e%3c%2f%74%65%78%74%61%72%65%61%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%3eお名前%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%34%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%3eウェブサイト%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%69%64%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%36%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%3eメール%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%65%6d%61%69%6c%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%31%30%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%63%68%65%63%6b%62%6f%78%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%3e情報を記憶しておく%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%73%75%62%6d%69%74%22%20%61%6c%74%3d%22コメントを追加%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22コメントを追加%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%62%75%74%74%6f%6e%22%20%2f%3e %09%3c%2f%64%69%76%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%32%35%37%34%64%39%66%63%63%66%35%64%62%61%36%63%37%62%63%30%37%62%30%30%62%38%38%63%62%33%38%65%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%65%32%31%31%38%66%62%37%32%63%37%61%32%65%65%30%64%30%33%35%30%34%38%36%33%36%32%34%63%32%36%64%22%3e %3c%2f%66%6f%72%6d%3e %20%20

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL:

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
visitor stats