Oct 11, 2005

SpamAssassin で分かったこと

SpamAssassin の設定をしてて分かったこと。忘れないうちに記録しておく。

まず sa-learn で学習させるんだが、通常学習結果は各ユーザーのホームディレクトリ以下の .spamassassin ディレクトリ以下に作成される。が、vpopmail の場合共通ファイルとして /home/vpopmail 以下に作成することになる。ここで少しハマった。というのも普段、自分のアカウントでログインし、そのあと su して root になり作業をするんだが、sa-learn した結果が自分のホームディレクトリ以下に作成される。sa-lean にオプションがあって-u でユーザーを指定できるみたいなんだが、これがうまく機能してない。結局 --dbpath で /home/vpopmail/.spamassassin/ と指定(あらかじめ作成しておく)するとうまく出来上がった。それでもファイル属性が root だったりするので、vpopmail.vchkpw で持ち主変更したり。一度変更してしまえば、その後属性はそのまま。

まぁ通常は vpopmail アカウントの cron で sa-learn 起動して、あるディレクトリにあるメールは SPAM として、あるディレクトリにあるメールは HAM(SPAM じゃないメール)として学習させれば問題ない。

spamc コマンド使うときも、-u vpopmail としないと vpopmail 用に登録したデータベースを使用しない。まぁこれも通常はメールを受信したときに、vpopmail 名義でメールを分けるので、その場合は特に問題なし。

メールの振り分けは procmail でやる。今回 ports からインストールした。vpopmail の自分のアカウントの下、Maildir と同じ階層に .qmail を作成して下記のようにする。

| /usr/local/bin/procmail -m ./.procmailrc

さらに同じところに .procmailrc を作成して、下記のようにする。

PATH=/usr/bin:/bin:/usr/local/bin
HOME=/home/vpopmail/domains/DOMAIN/USER
MAILDIR=$HOME/Maildir
DEFAULT=$HOME/Maildir/
LOGFILE=$MAILDIR/procmail.log
LOCKFILE=$MAILDIR/procmail.lock

:0fw
*!^X-Spam.*
|/usr/local/bin/spamc

:0
* ^X-Spam-Status: Yes
$MAILDIR/.SPAM/

でもなぜかprocmail.log とかが作成されない。なんかファイルの属性とか違うのかなぁ...まぁまた後日改めて詳しく調べよう。ということで上記設定について少し補足。:0fw 以下の3行が、最初メールを受け取ったときに通るルールセット。X-Spam なんちゃらがセットされてなかった spamc を通す。次の :0 以下の3行が X-Spam-Status: Yes の行があった場合の挙動。上の例では .SPAM ディレクトリ以下に移動している。このディレクトリは実は IMAP からは SPAM という名前で参照できる場所で、通常 pop でメール受信してるときはサーバーに置き去りにするので、SPAM メールを受信することはない。IMAP でアクセスしたときだけ、SPAM フォルダが見えるので、SpamAssassin が誤認識してないか都度確認する。

さらに前述の通り vpopmail アカウントの cron で sa-learn を実行してこの .SPAM/cur (一度読んだメールは cur に、未読は new にある)を対象に学習させる。1日一回起動するようにしたので、適当に自分で削除する。まぁ学習後勝手に消す、というのが簡単でいいんだけど、しばらくは様子見ということで。

ちなみに学習は 1000通以上しないと駄目らしい。というか、一旦学習させて、再度 spamc でチェックしてみると、スコアが全然変化してないんだよね。ということはしばらく同じ文面の SPAM を受け取る可能性があるということか?学習後同じファイルを再度 sa-learn で読み込ませると、すでに学習済みなのか無視する。なので一応学習はしてるようなんだが...まぁ1日100~200通は来るので、1週間もほっとけば結果がでるだろう。気長に待つか。

【追記】別のサイトには、ベイジアンフィルタが有効になるのは HAM の登録が 200を越えてから、と書かれてあった。最新版がどういう挙動なのか未確認だが、なんとなく納得。

それからどのくらい登録したか確認するには以下のコマンド。

sa-learn --db-path /home/vpopmail/.spamassassin --dump magic

前述の通り、--db-path でちゃんとデータベースのパスを指定しないと自分のホーム以下の .spamassassin を調べてしまうので必要。

あと日本語メールは、GAPPY_SUBJECT と OBSCURED_EMAIL のパラメータによりスコアが上がりやすくなるので、local.cf で少し低く設定しなおすといいかも。

spamd/spamc の組み合わせで動かしてる場合は、local.cf 書き換えたら spamd に HUP シグナル送って再起動する必要がある。


Related Info.

Comments

No comments yet

Add Comments

※下記の単語・フレーズはコメントで使用できません。大文字・小文字は同一視します。
poker, backgammon, tramadol, casino, insurance, loans
JavaScript is required when you submit comment %20%20%3c%61%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e%3c%2f%61%3e %3c%66%6f%72%6d%20%6d%65%74%68%6f%64%3d%22%70%6f%73%74%22%20%61%63%74%69%6f%6e%3d%22%23%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e %09%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%61%63%74%69%6f%6e%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%64%63%6f%6d%6d%65%6e%74%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%72%6c%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%68%74%74%70%3a%2f%2f%6b%69%6d%69%74%61%6b%65%62%6c%6f%67%2e%6e%65%74%2f%69%74%65%6d%2f%32%34%37%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%69%74%65%6d%69%64%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%32%34%37%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3eコメント%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%74%65%78%74%61%72%65%61%20%6e%61%6d%65%3d%22%62%6f%64%79%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%63%6f%6c%73%3d%22%34%30%22%20%72%6f%77%73%3d%22%31%30%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3e%3c%2f%74%65%78%74%61%72%65%61%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%3eお名前%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%34%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%3eウェブサイト%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%69%64%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%36%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%3eメール%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%65%6d%61%69%6c%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%31%30%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%63%68%65%63%6b%62%6f%78%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%3e情報を記憶しておく%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%73%75%62%6d%69%74%22%20%61%6c%74%3d%22コメントを追加%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22コメントを追加%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%62%75%74%74%6f%6e%22%20%2f%3e %09%3c%2f%64%69%76%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%30%30%39%64%38%61%36%64%33%39%35%31%35%30%33%66%36%31%39%34%66%38%63%38%34%37%37%36%34%35%39%39%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%66%36%37%36%31%33%30%39%31%64%63%33%65%30%62%62%65%65%64%38%31%63%36%34%35%36%61%32%30%62%31%34%22%3e %3c%2f%66%6f%72%6d%3e %20%20

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL:

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
visitor stats