Jan 12, 2007

Nokia N800 を R&D モードで起動する

Maemo で日本語表示でも書いた通り /usr/share/fonts に日本語フォントをインストールすれば実機(N800)上でも日本語を表示できる。

このとき N800 を R&D モードで起動する必要があるが、このエントリーはそのやり方の備忘録。

【追記】/home/users に .fonts というディレクトリ作ってそこにフォントをコピーしとく、という方法があるそうです。その場合はR&Dモードにならなくても書き込めるのでお手軽です。逆に間違って消すという事故も起きる可能性がありますが、まぁすぐ戻せるし気にする必要ないかな。 ちなみに自分は試してません。

N800 と PC とを付属の USB ケーブルでつないで、flasher というツールで R&B モードと普通のモードとを切り替える。

flasher は linux 上で動くアプリ。N800 用には新しく flasher-3.0 というバージョンを使う。maemo.org のここからダウンロードする。User Software Agreement に同意(I accept)すると、flasher のいろんなバージョンの一覧が出る。ここで flasher-3.0 を選択してダウンロードする。

自分の場合、maemo の開発環境として VMware 上にセットアップした ubuntu を使っているので、まずはそこにファイルをコピー。もちろん ubuntu から上記サイトに直接アクセスしてダウンロードしてもいい。

それから N800 上で動く xterm が必要なので、X Terminal Emulator for the Nokia 770 というサイトからダウンロードする。xterm 動かすのにいくつか余分にファイルをインストールする必要があって、上記サイトの Download and install these packages というところに進んで xterm を含め3つパッケージをインストールする。

次に N800 と PC を USB ケーブルでつないで、ubuntu からアクセスできるようにする。VMware のゲストから USB を使う方法はこっちのエントリを参照のこと。VMware 上で設定するとき N800 の電源が入ってないと、N800 が正しく USB デバイスとして認識されないので電源 ON のままやる。

N800 の電源を切り、左側のボタンの一番下、家のマークになったやつ(マニュアルによると swap key という名前らしい)を押したまま電源を入れる。最初の起動画面、白バックに NOKIA の文字の画面の右上に USB 接続のマークが出ることを確認。

ubutun の端末上から

sudo ./flasher-3.0 --enable-rd-mode

とやると、先ほどの起動画面のロゴ下に新たなアイコンが出る。

この後、おもむろに N800 から USB ケーブルを抜く。と起動画面に緑の文字のメッセージが出て通常通り起動する。

先にインストール済みの xterm を N800 上で起動して、

sudo gainroot

と実行すると N800 の root 権限を所得できる。このあとインストールしたいフォントを /usr/share/fonts にコピーすればオッケー。N800 の再起動後、このフォントが使えるようになる。

N800 で日本語表示なお R&D モードを抜けて通常状態に戻す場合は、前述の通り USB 接続をして起動して ubuntu 端末上から --disable-rd-mode という引数をつけて flasher を実行すればモードが切り替わる。

[追記]日本語フォントは下記サイトからのものを使ってます。
http://www.grass-japan.org/FOSS4G/readme-grass-i18n-ipafonts.eucjp.htm
ここにあるフォントバージョンをダウンロードして、fonts ディレクトリにある ipag.ttf をインストールしました。


Related Info.

Comments

furayaku2001 wrote:

日本語の発表の方法を出してくれて本当にありがたい何ですが、私の馬鹿のようなまだ難しすぎる見たいので出来ればまたもっと簡単に説明をして欲しい。
N800には私が始めるばかしので。 

最初は 

#1 あのファイルをダンロードして grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz パソコンで解凍をして (WINDOWSならどうやてLINUXのファイルを解凍したほうがいい)。

#2 そのファイルをダンロードして grass5_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_install.sh
これはどうやてちょっと分からないのです。

 ダウンロードしたら,次のコマンド(一例です)でインストールしてください.

    sh grass5_i686-pc-linux-i18n-ipa1-gnu_install.sh \
    grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipa1-gnu_bin.tar.gz [dest_dir] [bin_dir]

    [dest_dir]:GRASSのインストールディレクトリ(デフォルト:/usr/local/grass5)
    [bin_dis]:grass5コマンドインストールディレクトリ(デフォルト:/usr/local/bin)

どうやてやどこなどコマンドで あれを書ける?

その次 あなた言ってる通りにどうやてR&Dモードはいけるちょっと分からない
何のファイルをダンロードをしたらいい、 私がN800を持っている。

こんなに詳しく説明を訊いて本当にごめんなさいでも日本は母語じゃないくでパソコンには少し出来るけどまたまた才能ではないので、宜しくお願いします。 

日本語を書いたり読んだりしたいのです。
説明をしたら英語やフランス語には翻訳をするはずです。

由人風等訳

http://blogs.yahoo.co.jp/fu...
Posted on Mar 06, 2007 09:20:29

furayaku2001 wrote:

もしかして、YOUTUBEでも説明が発表できるよね
Posted on Mar 06, 2007 09:21:28

Kimitake wrote:

furayaku2001 さん、コメントどうもです。

自分の説明だと、たぶん日本人でも読んでて分からないと思うので気にしないでください。半分自分のための覚え書なので、説明不足なのは重々承知です。分からない点は気軽に聞いてください。

さて、本題の「N800 で日本語を読んだり書いたりする方法」ですが、https://garage.maemo.org/pr... にある maemocjk というパッケージを利用するのが一番手っ取り早い方法です。こちらの http://kimitakeblog.net... エントリにも書いてあるので良かったら参照してください。maemocjk パッケージをインストールすれば、日本語フォントもインストールしてくれるし、書くためのバーチャルキーボードもインストールされます。

一応質問にもお答えしておきます。
1) gz など unix系でよく使われる圧縮ファイルですが、Windows でも解凍ソフトで展開できるものがあります。たとえば自分は lhaz というソフトを普段使ってます。

2) これは linux などのシステム上で実行してください、という意味ですが、自分たちが必要なのはフォントファイルだけなので、1) でダウンロードしたパッケージの中身を使えば 2) を実行する必要はないです。

この grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz ファイルを展開すると、fonts というディレクトリがあって、その中にいくつかフォントファイルが入っています。自分が N800 を手に入れたときにはまだ maemocjk パッケージは無かったので、とりあえず日本語表示だけでも、ということで ipag.ttf というフォントをインストールしました。

それから ipag.ttf フォントを /usr/share/fonts にコピーしたかったので、R&Dモードにしましたが、/home/users に .fonts というディレクトリを作成して、そこにコピーする方法でもフォントを組み込むことが可能です。この場合 R&D モードになる必要はないです。
Posted on Mar 06, 2007 10:54:57

Dan wrote:

N800は日本でどこで買うことができますか? AMAZON.JP?
Posted on Oct 11, 2007 23:29:01

Kimitake wrote:

Dan さん、こんにちは。
残念ながら日本では売ってないです。
ただし US のオンラインショップで、日本に発送してくれるところがあるようです。
たとえば http://www.sparco.com/ で購入された方が数名いるようです。
Posted on Oct 11, 2007 23:35:02

Dan wrote:

こにちわKimitake,

N800のWiFi日本で使えますか?たとえばStarbucksとMcDonaldsのWiFiAccess Point
で。
Posted on Oct 13, 2007 19:37:48

Kimitake wrote:

Dan さん、返事遅くなってすみません。
ちと週末日本に里帰りする機会があったんですが、スタバとかでの WiFi アクセスを試す機会はありませんでしたが、普通に使えるんでないでしょうか?
たいてい有料でも web browser を起動すると、ログイン画面がでてきたりするので、接続ができてもいきなり通信するのではなく(たとえば GPEカレンダーの同期を使ったり)、一旦 browser 起動して状況確認した方がいいと思います。
Posted on Oct 16, 2007 12:50:08

ZON wrote:

Bluetoothキーボードとmaemocjk で日本語を使っているN800ユーザーのZONと申します。

N800 の Wifi については二つの場所で成功しました。
(1)自宅の無線LANルーター (安価な製品)
(2)駅や空港のFreeSpot ※参考 http://www.freespot.com/
……私の家の近くにはStarbucksとMcDonaldsが無いので、これはテストできませんでした。
使いかたは、非活性のネットワークアイコンをタップして、アクセスポイントをスキャン、受信状態が良くて鍵のかかっていない、または、鍵の分かっているポイント名を選んで接続します。
(起動時にネットワークに自動接続しない設定になっているケースです)

まだまだ無線の接続先には不自由していますので、私は出張の時に小型(ほぼ携帯電話サイズ)の無線LANルーターをN800と一緒に持ち歩いています。
これをビジネスホテルのネットワークサービスにつないでN800を使いますが、本体+キーボード+ルーター+巻取りLANケーブルと、一式そろえても、ノートパソコンより省スペースなので出張のお供に最適です。

あ、書き忘れましたが、普段使っているコンピュータもLinuxなのでN800を使って戸惑う事は少ないです。
Posted on Oct 18, 2007 18:30:56

Kimitake wrote:

ZONさん、はじめまして。
Bluetooth キーボードを使用して、脱ノートパソコンをされてるんですね。
なんかちょっとうらやましかったり ^^;
次世代機の N810にはハードウェアキーボードが付きますが、出張時のレポを書いたりして、がんがん打ち込むつもりであれば、Bluetooth キーボードは欠かせないかもしれませんね。
Posted on Oct 19, 2007 09:34:24

ZON wrote:

ZONです、どうも。
キーボードを消費するタイプ(家人に睨まれる)なので、キーボードの無いN800が大好きです。このために一から Linux での Bluetooth の勉強をしたくらいでして、お恥ずかしい。
(MACのBTキーボードとペアはどうかとか、いろんな迷いの末にリュウドのBTキーボードにたどり着きました)
maemocjk の動作とBTキーボードの動作は完全では無くて、プラス、使用しているエディターと合わせて「愉快なくせ」がありますが、でもその辺は『愛』で補って使っています。
左の胸ポケットにN800を、上着のポケットにキーボード♪

さて。
N810の事を知って、早速発表やNokiaの情報を眺めてみました。画面横の方向ボタンなんかが移動しているようですね。タッチ画面中心で操作するか、スライドさせてハードウェアキーで操作するかという仕組のようですね。
ソフトウェアもmaemoを中心に充実してきているようなので、N810、N800共々仲良く充実するといいなぁと思っております。
Posted on Oct 23, 2007 19:06:40

Kimitake wrote:

N800 と N810 ですが、若干ハードウェアが違うというだけで基本的には同じ OS をベースにするので、どちらでも動くより便利なアプリが増えていくでしょうね。というかそういうアプリを書きたいものです ^^;
BT キーボードって 100ドル近くしますよね?でも今なら N800 がずいぶん安く手にはいるので、新規ユーザーにとっては N810 の代わりに BT keyboard + N800 というのもアリかもしれませんね。
それにしても「愉快なくせ」というのが気になります。試してみたい...^^;
Posted on Oct 24, 2007 01:42:04

ZON wrote:

>「愉快なくせ」
leafpad という EUC-JP の扱えるエディタを使用しています。

× エディタ起動→画面タップ→ソフトウェアキーボード起動→日本語入力
  →ハードウェア キーボードから入力→数分後、画面が暗くなる(笑)

○ エディタ起動→まずハードウェアキーボードから何か入力。
  または→↓←↑キーでソフトウェアキーボードを出す→日本語入力モード
  →ハードウェアキーボードからキー入力がある限り画面は暗くなりません。
   暗くなってもキー入力で復帰します。

どうも現状ではアプリケーションに対して先に接続(?)しないといけないようですね。
あと、今の版の maemocjk ではハードウェアキーボードの→↓←↑キーでソフトウェアキーボードが画面に出てしまいます。画面が狭くなってちょっと残念ですが、もう慣れてしまいました。(苦笑)
Posted on Oct 24, 2007 16:19:01

Kimitake wrote:

ZONさん、詳細ありがとうございます。
見事に回避策を探し出してますね。N800への「愛」を感じます ^^;
Posted on Oct 25, 2007 23:17:16

Add Comments

※下記の単語・フレーズはコメントで使用できません。大文字・小文字は同一視します。
poker, backgammon, tramadol, casino, insurance, loans
JavaScript is required when you submit comment %20%20%3c%61%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e%3c%2f%61%3e %3c%66%6f%72%6d%20%6d%65%74%68%6f%64%3d%22%70%6f%73%74%22%20%61%63%74%69%6f%6e%3d%22%23%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e %09%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%61%63%74%69%6f%6e%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%64%63%6f%6d%6d%65%6e%74%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%72%6c%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%68%74%74%70%3a%2f%2f%6b%69%6d%69%74%61%6b%65%62%6c%6f%67%2e%6e%65%74%2f%69%74%65%6d%2f%33%38%38%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%69%74%65%6d%69%64%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%33%38%38%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3eコメント%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%74%65%78%74%61%72%65%61%20%6e%61%6d%65%3d%22%62%6f%64%79%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%63%6f%6c%73%3d%22%34%30%22%20%72%6f%77%73%3d%22%31%30%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3e%3c%2f%74%65%78%74%61%72%65%61%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%3eお名前%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%34%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%3eウェブサイト%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%69%64%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%36%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%3eメール%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%65%6d%61%69%6c%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%31%30%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%63%68%65%63%6b%62%6f%78%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%3e情報を記憶しておく%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%73%75%62%6d%69%74%22%20%61%6c%74%3d%22コメントを追加%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22コメントを追加%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%62%75%74%74%6f%6e%22%20%2f%3e %09%3c%2f%64%69%76%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%66%33%65%34%63%61%38%31%64%36%32%63%33%31%63%39%33%65%62%36%36%65%62%38%64%61%66%62%66%37%62%66%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%65%32%31%63%39%33%64%37%36%35%39%63%66%37%65%62%62%38%37%37%33%33%39%63%37%31%66%30%32%64%32%61%22%3e %3c%2f%66%6f%72%6d%3e %20%20

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL:

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
visitor stats