Nov 24, 2009

lvm でミラー論理ボリュームのテスト

自宅の開発機兼ファイルサーバーのディスクが足りなくなってきたので、新たに1TB追加購入した。

元々 lvm で運用してたので、新しいディスク丸々 pvcreate して、既存の VG (lvmv1)に追加して、lvextend 早速足りないパーティションに追加した。

そこでふと、2台で1つの VG 構成してるけど、片方壊れたらまずいことになるよなぁーと思い、lvm について少し調べてみた。どうやら RAID みたいに(って言い方でいいのかなぁ ^^; )ミラー論理ボリュームというのがあって、 それ使うと冗長化できるっぽい。

ということで、ちょっと消えちゃまずそうなファイル用のパーティションを作成してミラー論理ボリュームなるものを作成中(終わったけど...)。lvcreate コマンドに -m1 とすると2つ分の領域でミラーするらしいが、 どうもうまくいかなかったので、このページと同じようにまず -m0 で作って、lvconvert で -m1 指定でコンバートしてみた。容量でかかったのか結構時間掛かったので、その間に VMware 上の別の ubuntu でとりあえずテストしてみた。

まず、既存の VM 設定にディスク2台、1GB 分をそれぞれ追加。/dev/sdb と /dev/sdc として認識させる。

丸まる PV にするので

pvcreate /dev/sdb /dev/sdc

と実行。vgcreate コマンドで1つの VG (volgp)を作成。

vgcreate volgp /dev/sdb /dev/sdc

lvcreate でミラー論理ボリュームをつくるんだが、やはりいきなり -m1 指定してもエラーが出るので以下の手順で作成。

lvcreate -L 500MB -n test -m 0 volgp
lvconvert -m 1 --alloc anywhere /dev/volgp/test

lvs -a -o +devices で確認すると

LV              VG    Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log       Copy%  Convert Devices
test            volgp mwi-ao 500.00M                    test_mlog 100.00         test_mimage_0(0),test_mimage_1(0)
[test_mimage_0] volgp iwi-ao 500.00M                                             /dev/sdb(0)
[test_mimage_1] volgp iwi-ao 500.00M                                             /dev/sdc(0)
[test_mlog]     volgp lwa-ao   4.00M                                             /dev/sdb(125)

こんな感じになる。

mkfs.ext3 /dev/volgp/test

とやってファイルシステム作成して、適当に /mnt とかにマウント。なんか書き込んでおく。

一旦システムを終了して、VM の設定で先ほど追加したディスクのうち1台を削除。新たに1台 1GB を追加してブート。

pvscan すると、Couldn't find device ..... なメッセージや、PV unknown device といったメッセージが表示される。この状態だと vgextend で追加しようとしても volgp が無いっていわれて出来なかったので、一旦下記コマンドで無くなってしまったデバイスを削除。

vgreduce --removemissing volgp

Couldn't find device うんたらかんたらってエラーや警告が出るが、最後には Wrote out consistent volume group volgp と出て完了。

ここで新たに追加したディスク /dev/sdc を pvcreate して vgextend で追加する。

pvcreate /dev/sdc
vgextend volgp /dev/sdc

ちなみに vgextend する前に /dev/volgp/test を /mnt にマウントすると先ほど書き込んだファイルが見れるので、ミラーされてるっぽい(たまたまかも?)。

vgextend したら、再度先ほどの lvconvert と同じようにしてミラー化する。一応 lvs -a -o +devices コマンドで最初にミラー化したときと同じ表示になることを確認する。

以上、ミラー論理ボリュームの構成と復元の手順なんだが、ミラー化するときに指定した --alloc anywhere が気になる...ちゃんと2台にまたがってミラーしてるんだろうなぁ...^^;

【参考にしたページ】

6.3 Recovering from LVM Mirror Failure
LVMでMirror
unknown device with lvm


Related Info.

    No related items.

Comments

No comments yet

Add Comments

※下記の単語・フレーズはコメントで使用できません。大文字・小文字は同一視します。
poker, backgammon, tramadol, casino, insurance, loans
JavaScript is required when you submit comment %20%20%3c%61%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e%3c%2f%61%3e %3c%66%6f%72%6d%20%6d%65%74%68%6f%64%3d%22%70%6f%73%74%22%20%61%63%74%69%6f%6e%3d%22%23%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e %09%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%61%63%74%69%6f%6e%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%64%63%6f%6d%6d%65%6e%74%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%72%6c%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%68%74%74%70%3a%2f%2f%6b%69%6d%69%74%61%6b%65%62%6c%6f%67%2e%6e%65%74%2f%69%74%65%6d%2f%36%38%38%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%69%74%65%6d%69%64%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%36%38%38%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3eコメント%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%74%65%78%74%61%72%65%61%20%6e%61%6d%65%3d%22%62%6f%64%79%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%63%6f%6c%73%3d%22%34%30%22%20%72%6f%77%73%3d%22%31%30%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3e%3c%2f%74%65%78%74%61%72%65%61%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%3eお名前%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%34%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%3eウェブサイト%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%69%64%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%36%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%3eメール%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%65%6d%61%69%6c%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%31%30%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%63%68%65%63%6b%62%6f%78%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%3e情報を記憶しておく%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%73%75%62%6d%69%74%22%20%61%6c%74%3d%22コメントを追加%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22コメントを追加%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%62%75%74%74%6f%6e%22%20%2f%3e %09%3c%2f%64%69%76%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%63%34%66%31%31%30%63%38%38%32%33%62%30%39%63%36%37%30%66%61%63%38%34%38%66%39%33%61%34%61%64%62%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%37%36%35%62%61%63%66%36%35%38%37%38%33%37%34%62%34%66%64%62%31%33%39%37%33%37%61%66%39%35%33%62%22%3e %3c%2f%66%6f%72%6d%3e %20%20

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL:

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
visitor stats