Jan 04, 2010

maemocjk for N900 (まだアルファだよ)

maemocjk for N900 ですが、なんとか Extras の Auto Builder でビルドできました。 今はまだ extras-devel にあるので、何それ?っていう人はもうしばらくお待ちください。そのうち extras-testing を経て extras へ格上げしていきます。そしたら普通に Application Manager から参照できると思います。

それ以外の、俺は人柱王になる!って人は、まずは N900 が十分充電されてることを確認のうえ extras-devel のレポジトリを有効にするか、 すでに有効な人はリフレッシュして下記パッケージが表示されてることを確認してください。

maemocjk-him-scim-anthy

カテゴリとしては Utilities になります。

このパッケージは以下のパッケージをインストールします。

scim
anthy
scim-anthy
hildon-input-method-plugins-scim (him-scim)

実際にはこれ以外にも libanthy0 などのライブラリがインストールされます。全部で 12MBとか出ると思いますが、最終的には 40MB くらい使ってると思います。ただほとんどのファイルは /opt/maemocjk 以下にインストールされるので、/ パーティションの空きは、パッケージダウンロード分くらい(つまり 12MBくらい?)で済むはずです。

maemocjk-him-scim-anthy のインストール途中、anthy の辞書のインストールで 15分くらいかかります。なんかコンバートするのにえらい時間(15分位)がかかるようなので気長に待ってください。多分 anthy のインストールは次回以降必要なくなると思います。

インストールが完了したら念のためシステムをリブートしてください。

今回の maemocjk は hildon-input-method というデフォルトの入力システムのプラグインとして実装してあります。今のところ、 デフォルトの入力システムとはコマンドラインからしか切り替えられません。切り替え用スクリプトを /opt/maemocjk/usr/bin/ に imdefault と imscim という名前で含めましたので、 切り替えが必要であればそれらを使ってください。

それから virtual キーボードの表示を有効にしてください。Settings の Text input を開くと上の方に Use virtual keyboard というチェックボックスがあるのでそれを有効にします。するとエディット画面でタップをすると、 バーチャルキーボードが表示されます。これが日本語入力用の画面になります。この画面で Shift + Space を押すと日本語・ 英語の切り替えができるはずです。

このバーチャルキーボードですが、ハードウェアキーボードを開いた状態だと表示されません。 なのでハードウェアキーボードを開いてる場合は、少し閉じてからエディット画面をタップしてください。 この開け閉め時にチャカチャカ音が鳴ってうるさいんですよねぇ...つかそれ以前に面倒...

それから scim のおなじみのツールパネルが右下に表示されるはずですが、変なとこに表示されるなど不具合がある場合は、 ホームディレクトリにある .scim フォルダを削除してみてください。あとこのパネルですが、 何故か少し小さく表示されてるようでタップしたところとは別のボタン(アイコン)が反応します。 表示されてるより実際は少し横広なのをイメージしてクリックして見てください ^^;

以上何か書き忘れたことがありそうだけど、 いろいろ不具合はあるもののそれなりに使えるようになったのでアルファ版としてリリースしたいと思います。

そうそう、コマンドラインで export GTK_IM_MODULE=scim って実行してから、アプリを起動するといきなり scim が有効になります。なので例えばそこから mauku を起動すれば、いちいちバーチャルキーボード(him-scim) を表示することなく scim + anthy で日本語入力ができるようになります。デフォルトブラウザはダメなのでその場合は him-scim 経由で入力してください。

# あぁ今見たら Maintainer の自分の名前間違ってるし...修正済み


Related Info.

Comments

suesat wrote:

素晴らしいです!!
今は感動で開け閉めも全然苦になりません。
お疲れさまでした、ゆっくり休んでください。
Posted on Jan 05, 2010 01:00:37

eternal7786 wrote:

ありがとうございました。ストレスなく文字入力が出来る喜びを再認識しています。N900が益々輝きを増しました。
Posted on Jan 05, 2010 06:44:53

qionghua1975 wrote:

使わせていただいております。ありがとうございます。
開け閉めとタップするのに少々コツがいりますが、
十分な環境になりました。
Posted on Jan 25, 2010 08:22:44

イッシー wrote:

kimitakeさま、ご無沙汰しています。N810でお世話になったイッシーです。
さて、先日とうとうN900を手にいれ、早速Maemocjkをインストールしてみました。無事にインストールは終わったようなのですが、anthyのバーもでず、バーチャルキーボードもでず、日本語が打てない状況です。
ちなみに、アプリケーションマネージャーでmaemocjk-him-scim-anthyをインストールしようとしたとき、mscimとコンフリクトすると言われ、mscim関連をアンインストールしました。その後インストールして、無事にインストールできたのですが、インストール時間は5分かかりませんでした。また、コマンドラインからapt-get remove --purge libanthy0 libscim8c2a でアンインストールして、再度インストールをしてみましたが、やはり5分かからずにインストールできたものの、日本語は打てない状況です。何かわかるようでしたら、ご教授いただけますでしょうか?よろしくお願いします。
Posted on Feb 16, 2010 22:06:58

Kimitake wrote:

イッシーさん、
この間たまたまIRCでも同じような症状?な人がいてやはり5分とかからずインスコできてしまったようです。でも SHIFT+Space を押すと scim パネルが表示されて日本語入力できたそうです。
その人はバーチャルキーボードがちゃんと出てたそうなのでちょっと違うかもしれませんが、バーチャルキーボードを使う、って設定になってることと、ハードウェアキーボードを閉じた状態でタップしてるか確認してください。
あと /opt/maemocjk 以下にいろいろインストールされるんですが、大体60MBくらい(あれ?40MBじゃなかったけか?手元の確認したら 60MBだなぁ...)になってるはずです。
コマンドラインから du -s /opt/maemocjk ってやって確認してみてください。
Posted on Feb 17, 2010 00:35:09

イッシー wrote:

kimitakeさま
レスありがとうございます。コマンドラインから調べてみたところ、60220とでました。なんで60MBってことですよね?でも、残念ながら、キーボードをしまった状態でタップしても、バーチャルキーボードがでてこないんです。
SHIFT+Space を押しても、スペースが打たれるだけ・・・。リセットするしかないですかねぇ。
Posted on Feb 17, 2010 02:23:09

Kimitake wrote:

イッシーさん、
/opt/maemocjk/usr/bin/ に imdefault と imscim っていうスクリプトがあるんですが、imdefault の方を実行して、元のバーチャルキーボードに戻してみてください。
それで画面をタップしてキーボードがでるようなら him-scim プラグインの問題。

あとコマンドラインで export GTK_IM_MODULE=scim を実行して何かアプリ(osso_notes とか)を起動してみてください。起動直後に右下の方に scim のツールパネルが出ないようなら SHIFT+space で切り替えてみてください。

あとは ~/.scim ってフォルダがあるかもしれないので削除する。

ちょっと今はこれくらいしか思いつかないです。
Posted on Feb 17, 2010 06:36:48

t032510 wrote:

お世話になっています
これってvirtualkeyboard上でも日本語入力が可能なのですか?
私の環境ではvirtualkeyboardが起動しません。
Posted on Mar 24, 2010 11:33:26

Kimitake wrote:

t032510さん、
N900は設定によりバーチャルキーボードを表示することができるのですが、デフォルトのバーチャルキーボードでは当然日本語は入力できません。
maemocjk の一部に、このバーチャルキーボードを置き換えるプラグインが組み込まれていて、その置き換えたバーチャルキーボード経由なら日本語の入力が可能です。
とはいえ、現在このバーチャルキーボードの部分は、単に閉じるボタンと入力用エディットボックスがあるだけです。入力用エディットボックスでは linux などではお馴染みの scim というフロントエンドが動きますので、あとはハードウェアキーボードを使っての日本語入力(デフォルトではローマ字入力)をすることになります。閉じるボタンを押すと、入力したものが元の画面に送られて、結果的に日本語入力ができた、ということになります。

バーチャルキーボードが起動しない、とのことですが、これはデフォルトのですか?それとも maemocjk をインストール後のですか?最近 /home/user/MyDocs/tmp フォルダがないと、maemocjk のバーチャルキーボード起動後にクラッシュするというバグを修正したので、maemocjk のが起動しないのであれば、それが原因かもしれませんが、最新版パッケージでは大丈夫なはずです。
Posted on Mar 24, 2010 12:02:55

dvergin [OpenID] wrote:

kimitakeさん

ご苦労様でした。

I have followed your install notes at http://kimitakeblog.net/ite... as best I can. But a few points are a little confusing. I'd like to help improve the English installation guide so more people can use your work.

Please explain this point: where is the best place to put the GTK_IM_MODULE=scim setting so that it will be available in the environment for all programs that are run from the desktop. (Maemo is a bit different from other linux distributions so I'm not sure.)

At this point, my virtual keyboard appears but it is blank except for the input panel and one key on the bottom left that makes the virtual keyboard disappear.
Posted on Mar 24, 2010 22:58:34

Kimitake wrote:

Hi dvergin,

1) Basically, you don't need to set GTK_IM_MODLE if you use hildon-input-method-plugins-scim (him-scim) to input Japanese string.
If you'd like to set scim as default input method instead of hildon default, you should define GTK_IM_MODULE to ~/.profile or /etc/osso-af-init/af-defines.sh.

2) him-scim has only edit box and close button as you mentioned. I guess you can see Anthy tool panel also at bottom right on him-scim GUI. If not, you can show it SHIFT+SPACE on him-scim GUI. And then, you can input Japanese string using hardware keyboard.

3) there is /opt/maemocjk/usr/bin/imdefault script, which changes the default input method from him-scim to hildon default.

4) him-scim can be shown when you tap edit box of something application and hardware keyboard is closed.
Posted on Mar 25, 2010 00:14:09

t032510 wrote:

kimitakeさん
ご連絡ありがとうございます。

virtualkeyboardはそういう意味合いだったのですね
私の環境では、初期化時点ではvirtualkeyboardは起動していました。
maemocjk-him-scim-anthy0.0.2をインストールした時点からvirtualkeyboardは起動できません。
(imdefault及びimscimは試しました。)

しかし、maemocjkのvirtualkeyboardの意味合いを考えると、問題は無いように感じます。

今後の予定としてはvirtualkeyboard上のソフトウェアキーボードでも
日本語入力が出来るような方向で開発を進められていますか?
Posted on Mar 25, 2010 01:59:47

Kimitake wrote:

t032510さん、
以前 hildon-input-method-plugins のサンプルを改造して
http://pixelpipe.com/item/4...
こんな感じにしてみたことはあるんですが、その後の開発は進んでいません。
ちょっと今は他に作りたいものがあったりしてるので放置状態です。
(簡単なバグ修正とかであれば応じられますけど...)
Posted on Mar 25, 2010 06:48:05

toshi wrote:

当方Sweden在住で本日N900を入手しました。 皆さんのやり取りを拝見させて頂くと、まだ当方にはMaemoCJKは手に余りそう(笑)ですので、アルファ版リリースを気長にお待ちしております。 実際、今日ダウンロードしてみたのですが、5秒掛からずに終了し、プログラムも立ち上がらずでした。 それでは失礼します!
Posted on Apr 13, 2010 07:28:08

onitake wrote:

Thanks for the update, Kimitake-san.

I found a minor incompatibility with USB storage mode: him-scim keeps its log file open in the MyDocs folder, which makes the system refuse to mount as USB storage device.
This happens even when no program is running that could use text input.
Wouldn't it be better to close the log file when it's not in use?
Posted on Apr 30, 2010 07:18:14

Kimitake wrote:

Hi Onitake,
I noticed the bug in 0.0.2 and fixed it in 0.0.3.
Are you using the latest one?
Anyway I will double-check it.
Thanks for the information.
Posted on Apr 30, 2010 09:43:02

mjay225 wrote:

Hi kimitake san!

I recently bought my N900 from the philippines. Im currently living here in Japan and I want to use it with my softbank simcard. But the problem is, I can't input japanese characters with it. What should I do? And also, I can't send email to other network with it. I would really appreciated your reply and other suggestions. Thank you.
Posted on May 19, 2010 21:11:43

Kimitake wrote:

Hi mjay225,
Please try to install maemocjk to input Japanese characters.
You could find more info at the entry, http://kimitakeblog.net/ite..., especially the last comment, http://kimitakeblog.net/ite..., is useful.

In addition, I don't make sure what you mean "other network". I'm not familiar with JP's mobile network, so please ask other iPhone user for the issue.
Posted on May 19, 2010 21:55:47

kuzu wrote:

今さらながらn900を買おうか迷っているのですが日本語入力はバーチャルキーボード(私の中ではiphoneみたいなのを想像してるのですが
)からしか入力できないのですか?
と思っていたらコメントにハードキーから入力とあったり・・・
よろしければ、どんな感じで入力することになるのか教えていただけますか?
Posted on Aug 14, 2010 09:12:53

Kimitake wrote:

kuzu さん、
N900は元々バーチャルキーボードを表示してアルファベットなどの入力ができるんですが、そのバーチャルキーボードをそっくり入れ替えて、ただのテキストボックスと閉じるボタンだけがあるGUIを表示するようにしたのが him-scim です。
通常のテキストボックスにはキーボードから日本語入力ができないんですが、このテキストボックスの場合 scim が有効になるのでキーボードから日本語入力ができます。
him-scim の GUI は、例えばブラウザなどの通常直接日本語入力できないエディットボックス上で(キーボードを閉じた状態で)タップすることで表示することができます。him-scim の GUI で入力した文字は him-scim GUI を閉じたとき、元のエディットボックスへ送られます。
Posted on Aug 14, 2010 10:17:45

Beans wrote:

こんにちはみなさん、最近香港でN900を入手して使っているのですが、やはり皆さん同様日本語が打ちたくて同じ要領でmaemocjk-him-scim-anthyをインストールしたところSym (記号)が使えなくなってしまったのですが。どなたか解決法しりませんか?
Posted on Oct 09, 2010 06:04:15

kazuki.i wrote:

こんにちは。最近N900を入手して、早速日本語と、maemocjk-him-scim-anthyを使わせて頂こうと思ったのですが、インストールしようとすると Unable to install 'maemocjk-him-scim-anthy'.Conflicting application packages. と出てできません。
何か必要なものがあるのでしょうか?
アドバイスお願いします。
Posted on Jan 18, 2012 21:56:16

Kimitake wrote:

kazuki.i さん、
香港版でしたら多分 mscimがインストール済みだと思われます。
それがmaemocjk が必要としてる scim と競合するので、mscimを削除するか(多分手書きかなんかで必要...)、他の input methodを試してみてください。
Posted on Jan 19, 2012 00:33:44

Add Comments

※下記の単語・フレーズはコメントで使用できません。大文字・小文字は同一視します。
poker, backgammon, tramadol, casino, insurance, loans
JavaScript is required when you submit comment %20%20%3c%61%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e%3c%2f%61%3e %3c%66%6f%72%6d%20%6d%65%74%68%6f%64%3d%22%70%6f%73%74%22%20%61%63%74%69%6f%6e%3d%22%23%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e %09%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%61%63%74%69%6f%6e%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%64%63%6f%6d%6d%65%6e%74%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%72%6c%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%68%74%74%70%3a%2f%2f%6b%69%6d%69%74%61%6b%65%62%6c%6f%67%2e%6e%65%74%2f%69%74%65%6d%2f%37%30%33%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%69%74%65%6d%69%64%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%37%30%33%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3eコメント%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%74%65%78%74%61%72%65%61%20%6e%61%6d%65%3d%22%62%6f%64%79%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%63%6f%6c%73%3d%22%34%30%22%20%72%6f%77%73%3d%22%31%30%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3e%3c%2f%74%65%78%74%61%72%65%61%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%3eお名前%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%34%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%3eウェブサイト%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%69%64%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%36%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%3eメール%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%65%6d%61%69%6c%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%31%30%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%63%68%65%63%6b%62%6f%78%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%3e情報を記憶しておく%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%73%75%62%6d%69%74%22%20%61%6c%74%3d%22コメントを追加%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22コメントを追加%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%62%75%74%74%6f%6e%22%20%2f%3e %09%3c%2f%64%69%76%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%65%31%31%33%37%61%34%35%66%36%62%63%62%30%62%34%34%38%64%37%39%61%30%61%34%30%30%39%30%30%36%62%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%39%65%39%61%36%66%39%34%38%36%32%37%37%66%34%34%39%39%62%61%36%32%33%36%38%33%32%62%34%61%34%65%22%3e %3c%2f%66%6f%72%6d%3e %20%20

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL:

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
visitor stats