Sep 07, 2011

TX-50 に MeeGo IVI 1.2.0.99 を入れてみたよ

TX-50というCPUボードがあるのだが、数ヶ月前のキャンペーンで開発キットを頂いたので折角なのでMeeGoをインストールしてみた。

まぁTX-50のリンク先を見ると分かる通り Item Atom プロセッサの乗ったボードで、MeeGoの他 Windowsやら Ubuntu やらも走るらしい。ということで Ubuntu 10.04 も試したけど、そちらは特に問題もなくさくっと動いた。Windows は試してない。

で、本題の MeeGo だが、いくつか試してみたけど、ずいぶん前の 1.1.99 な Netbook UX は UXも表示できたが、ビデオドライバが古いらしく非常にもっさり。どうやら Intel から配布されてる EMGD 1.8 ビデオドライバーを組み込むといいらしいのだが、なんかめんどいなーとか思ってたら下記のバグレポを発見。

Bug 22167 - Update MeeGo IVI 1.2.0 to include
EMGD 1.8 version of graphics driver

おぉ~、ということで vote しておいたんだが、つい先日 build.meego.com のMeeGo:1.2.0:oss:Update:Testing にていろいろパッケージがビルドされマージされたことを示すコメントが追加された。ということで早速組み込んでみた。以下そのおおまかな手順。

普段 LiveUSB メモリを作るとき Fedora の liveusb-creator というツールを使ってる。これで作った LiveUSB はその後書き換え可能になるのでとても重宝してる。ということで今回もこのツールで手元の 16GB な USB メモリを使ってシステムをセットアップ。

何はともあれ MeeGo のイメージが必要なので download.meego.com からダンロード。最初しばらくは手元にあったちょっと古いやつを使っていたんだが最終的には 8/30 に出た IVI のイメージを下記からダウンロードして、これを使って前述の liveusb-creator で LiveUSB を作成。

http://download.meego.com/MeeGo/snapshots/
testing/1.2.0.99/latest/images/meego-ivi-ia32/

この liveusb-creator は Persistent Storage ってので書き換え可能な領域?を確保することになってて、少なすぎるとうまく書き換え可な LiveUSB として使えない?ちょっとこのあたり定かでないんだが、普段 MeeGo な LiveUSB を作るときはいつも 4GB 以上は確保するようにしてる。今回も 6GB 程確保して作成した。

出来上がった LiveUSB を TX-50 に差して起動。するとお馴染みの grubのメニュー画面が表示されるので TAB キーを押してコマンド状態?にする。vmlinuz0 云々かんぬんの行が表示されるので、ここの最後の quiet を消して 3 と入力して Enter を押すと、runlevel 3 で起動する。

しばらく待つと login プロンプトが表示されるはずなので ID:root / PASSWORD:meego でログイン。

MeeGo:1.2.0:oss:Update:Testing でビルドされたパッケージを幾つかインストールする必要があるので、レポジトリを追加する。

/etc/zypp/repos.d に移動して、下記のようにしてファイルを取得(注:実際には1行です)。

wget http://download.meego.com/live/MeeGo:/1.2.0:/oss:/
Update:/Testing/MeeGo_1.2.0/MeeGo:1.2.0:oss:Update:Testing.repo

oss の他に non-oss なレポジトリにあるファイルも必要なので上記 oss (2箇所)を non-oss にして再度コマンド実行する。新たに2つのレポジトリを追加したら zypper ref コマンドでレポジトリキャッシュ情報を更新。zypper in コマンドで kernel-adaptation-intel-automotive と emgd-bin と emgd-gui のパッケージをインストール。

インストールが終わったら /boot の中を確認すると vmlinuz-2.6.37.6-14.1-adaptation-intel-automotive があるはず。ただしこの LiveUSB は起動時はこのフォルダではなく別のパーティションを見てるのでそちらにコピーしなきゃいけない。USB メモリが /dev/sda として

mount /dev/sda1 /mnt

で対象となるパーティションをマウント。/mnt/syslinux の中に vmlinuz0 があるはずで、これが現在使用してるカーネルで /boot/vmlinuz-2.6.37.6-10.5-adaptation-intel-automotive と同じもの。ということで新しい方をコピーする。名前は何でもいいんだが vmlinuz1 という名前にしておく。

cp /boot/vmlinuz-2.6.37.6-14.1-adaptation-intel-automotive /mnt/syslinux/vmlinuz1

それから initrd の中の lib/modules も新しいものにしなければいけないので、どこか適当な空っぽのフォルダ(/work とか)作って、まずはオリジナルの中身をそこにぶちまける。

mkdir /work
cd /work
zcat /mnt/syslinux/initrd0.img | cpio -i -c

ここに lib/modules にある 2.6.37.6-14.1-adaptation-intel-automotive をコピーして固める。

cp -a /lib/modules/2.6.37.6-14.1-adaptation-intel-automotive /work/lib/modules
find . | cpio --quiet -c -o | gzip -c > /mnt/syslinux/initrd1.img

これで initrd1.img という新しい initrd が出来上がる。次回ブート時にこれら新しいカーネルや initrd を使用するために syslinux.cfg も編集。/mnt/syslinux/syslinxu.cfg をエディタで開いて、label linux0 の項目にある vmlinuz0 を vmlinuz1 に、initrd0.img を initrd1.img にそれぞれ変更する。ついでに initrd のある行の最後の quiet を消して 3 って追加すると runlevel 3 で起動するようになる(quietはあってもいいんだけどw)。まぁ別にこの runlevel 云々は特に書き換える必要ないのでお好みで。

次に xorg.conf の変更が必要。Intel の EMGDのマニュアルによると(と偉そうに書いてるが twitterのフォロワさんに教わったw)、PortOrder という項目があってここの数値が 24000だと sDVOB (D-Bus) 側から出力されるらしい(デフォルトの設定が 42000 で LVDS 側になってる)。なので /etc/X11/xorg.conf をエディタで開いて PortOrder のある行を下記のように書き換える。

Option  "ALL/1/General/PortOrder"  "24000"

以上で変更終わり。umount /mnt を実行して、shutdown -h now コマンドで一旦システム終了。電源ケーブルを抜き差しして再起動。grub のメニュー出てきたら TAB 押して、念のため runlevel 3 で起動することを確認して一旦コマンドラインモードで起動。root でログインして uname -a コマンドでカーネルのバージョンが 2.6.37.6-14.1 になってることを確認。オッケーそうなら uxlaunch コマンドで UX を起動するか、再起動して次は runlevel 5 (か指定なし)で起動すれば IVI UX が表示される。

表示されないようなら、runlevel 3 で起動した状態で X を起動してみる。startx コマンドが無いと思うので、 zypper in xorg-x11-xinit で必要なパッケージをインストールしたあと startx を実行。

あと zypper コマンドで gpg エラーが出たりする場合は下記コマンドを実行すると直る(かもね。あ、コマンドは1行ですよ)。

rpm --import 'http://download.meego.com/live/MeeGo:/1.2.0:/oss:/
Update:/Testing/MeeGo_1.2.0/repodata/repomd.xml.key'

それと今回、一旦 LiveUSBで起動して付録のSD (4GB) にインストールしてからいろいろやろうかと思ったが、いろいろ失敗に終わった。一応どんなことが起きたか備忘録として書いておくと、インストーラーは、テキストモードと GUI モードとあるが、当然 GUI モードは使えないのでテキストモードを使用。そのスクリプトにバグがあるようで /dev/mmcblk を見つけてくれてない。なので /usr/sbin/installer-shell を少し書き換えてなんとか mmcblk を見つけられるようにして続行。だがそのあとパーティション設定のところでもバグっててルートパーティションとスワップとが間違えていたので、ここでもごにょごにょしてなんとかインストール完了。で起動させたらカーネルパニック。その後、前述の initrd を使ってみたけど mmc の認識に失敗してるんだかで、まぁもう少しいろいろいじらないといけなさそう、ってとこで諦めた。まぁそのうち配布版のイメージのカーネルが新しくなったり EMGD ドライバが組み込まれたりで、GUI モードでサクッとインストールできるようになるかもなので、あまりグダグダするのもあれなので一旦終了。今なら GUI モードでインストールできるかもしれんけど...まぁそれは誰か試すかなぁ ^^;

ということで、ぐっどらっくw


Related Info.

Comments

No comments yet

Add Comments

※下記の単語・フレーズはコメントで使用できません。大文字・小文字は同一視します。
poker, backgammon, tramadol, casino, insurance, loans
JavaScript is required when you submit comment %20%20%3c%61%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e%3c%2f%61%3e %3c%66%6f%72%6d%20%6d%65%74%68%6f%64%3d%22%70%6f%73%74%22%20%61%63%74%69%6f%6e%3d%22%23%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%22%3e %09%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%61%63%74%69%6f%6e%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%64%63%6f%6d%6d%65%6e%74%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%72%6c%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%68%74%74%70%3a%2f%2f%6b%69%6d%69%74%61%6b%65%62%6c%6f%67%2e%6e%65%74%2f%69%74%65%6d%2f%37%38%32%22%20%2f%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%69%74%65%6d%69%64%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%37%38%32%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3eコメント%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%74%65%78%74%61%72%65%61%20%6e%61%6d%65%3d%22%62%6f%64%79%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%63%6f%6c%73%3d%22%34%30%22%20%72%6f%77%73%3d%22%31%30%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%62%6f%64%79%22%3e%3c%2f%74%65%78%74%61%72%65%61%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%3eお名前%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%34%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6e%61%6d%65%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%3eウェブサイト%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%75%73%65%72%69%64%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%36%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%3eメール%3a%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%6e%61%6d%65%3d%22%65%6d%61%69%6c%22%20%73%69%7a%65%3d%22%34%30%22%20%6d%61%78%6c%65%6e%67%74%68%3d%22%31%30%30%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%66%69%65%6c%64%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%65%6d%61%69%6c%22%20%2f%3e %09%09 %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%63%68%65%63%6b%62%6f%78%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%69%64%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%20%20%2f%3e %09%09%3c%6c%61%62%65%6c%20%66%6f%72%3d%22%6e%75%63%6c%65%75%73%5f%63%66%5f%72%65%6d%65%6d%62%65%72%22%3e情報を記憶しておく%3c%2f%6c%61%62%65%6c%3e %09%09%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%73%75%62%6d%69%74%22%20%61%6c%74%3d%22コメントを追加%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22コメントを追加%22%20%63%6c%61%73%73%3d%22%66%6f%72%6d%62%75%74%74%6f%6e%22%20%2f%3e %09%3c%2f%64%69%76%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%62%34%63%64%37%64%37%64%35%65%65%30%37%38%64%32%34%32%33%30%34%36%63%61%39%63%66%33%62%66%61%34%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%35%34%63%38%62%66%30%62%64%65%66%30%34%65%36%39%34%36%39%63%64%37%65%32%61%36%30%31%65%36%36%39%22%3e %3c%2f%66%6f%72%6d%3e %20%20

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL:

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
visitor stats